本文へスキップ

新島ネオライト工業は流動層技術と発泡体粒子製造を専門とする地域密着型企業です。

TEL. 04992-5-2424

〒100-0400 東京都新島村字瀬戸山

会社概要COMPANY

社名
新島ネオライト工業
代表者
木村諭史
本社所在地
〒100-0402
東京都新島村本村字瀬戸山
TEL. 04992-5-2424
FAX. 04992-5-2424
資本金
560万円
設立
2006年
従業員数
2名(流動層技術 工学博士1名、修士1名)
ミッション
1.火山の軽石(コーガ石)から始まった発泡体製造技術、および火山灰処理の流動層技術の後継者として会社を経営し、技術を広く存続・発展させます
 ・大手サプライヤーの技術指導を4年間継続して実施おります

2.軽石・白砂の新島で育まれた企業として、自社内外問わず、オリジナリティーあふれる砂を活用した産業づくり・地域貢献を行います
 ・小学校ですなはかせ出張講義をしております
 ・サンドアート(砂遊び)や砂絵など、観光や交流に役立つ活動も行っております
 ・人工シーガラスづくりを技術指導し、体験工房がオープンしました!
   
3.地域の一員として、工学研究から得られた意識と知見をもって、地域づくり事業を行います
 ・新島村(新島・式根島)の来島者のデータ分析を行いました。
 ・式根島の観光まちづくりアドバイザー事業を行いました。
学術論文
Satoshi Kimura, Kaoru Kimura, Hidehiro Kamiya and Masayuki Horio; “A Novel fluidized bed process to produce fine-grade artificial lightweight aggregates”, Powder technology,146, 111-120 (2004)

Satoshi Kimura, Masamitsu Adachi, Reiji Noda and Mayakuki Horio; “Particle design and evaluation of dry CO2 recovery sorbent with a liquid holding capability”, Chemical Engineering Science, 60, 4061-4071

木村諭史, 栗田光暁, 木村薫, 堀尾正靱; 高性能微粒発泡ビーズ製造のための流動層焼成炉のスケールアップ研究および実用化技術開発, 粉体工学会会誌

沿革

2006年8月
東京都新島村に新島ネオライト工業株式会社設立
2007年
流動層技術の委託試験を開始
2017年
流動層試験炉の設計・製作業務を開始
2017年10月
人工軽量骨材ネオライトChの中国からの輸入事業を引き継ぎ

バナースペース

新島ネオライト工業

〒100-0402
東京都新島村本村字瀬戸山

TEL 04992-5-2424
FAX 04992-5-2424